スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Jungle treck

今日、初のジャングル トレッキングに行った。

DSC02495 3
メンバーは左からタンさん、おれ、アキラ(日本からの旅行者)、TOMさん(SVの息子)、ジェイさん(元

国連の人、たぶん65歳くらい)

初めてで何が必要かよくわからんくて飲み物に豆乳入れていった。。笑 と飯。
DSC02542 5

いやーわくわくしたねぇ!だってジャングルよジャングル!

計画では山に入ってインドネシアの国境沿いをに沿ってまわって帰ってくる、その時間が3~4時間っ

て言ってた。

でも、道具はおおざっぱな地図と方位磁針のみ!?!

いやぁ慣れてる人は違うねぇ!歩くのはやいはやい。ジェイさん65歳だよ!なんて体力だ。。

道は行き当たりばったりで道になっているところを探す。。

行って戻ってまた行って戻って。めっちゃしんどい!こんなにきついとは・・・ってか帰れるんか?って

おもった。

ジェイさんがここが国境だよって言った!え??途中なんとインドネシアを少し歩いてた!!!!!

まじ??国境は??

国境は何と・・・DSC02540 1
これだけよ。

びっくりしたよ。これだけ。

日本で育って国境が大陸つながりに無いからってのあるけど、これだけって唖然やろ!

DSC02525 1

DSC02524 1
これは米の苗。

ここは日本と違って水耕じゃなく焼畑でやってる。

最近まで知らんやった。水がいっぱいないとできないものだと・・・違うんやな。

彼らは森の木を一部焼きこのように食物を栽培する。で数年でその土地の栄養が枯れるのでまた違

うとこに移動して焼き畑をする。一回焼畑したら10年くらいはそこの土地は使えないらしい。栄養ない

から。

すごいよね、自然の力。人間は自然が作り出したものを使うだけやけど、自然は時間かかっても作り

なおしてくれる(ほんとは作り直すってことは自然って呼べんかもやけど)。

感謝をしないといけない。このような木などがないと人は生きていけないからね。。

で、トレッキングは続き、飲み物がほぼなくなった。やべー

しかも、やっと道あるとこ探しあってて進むと元の位置へ!!?あれ~

行き止まりだと来た道を戻る、それがほんとにきつい。精神的にも肉体的にも。

そして暴走したら絶対ジャングルでは死ぬとおもった。難しいんだなってね。来た道帰ればいいと思う

かもしれないけどそれらさえも難しい。距離遠かったり、道わかんなかったり。正直こんなきついとは…

結局、合計6時間くらい歩いた。

くたくた。

まじきつくて早く戻りたかったし目的達成もできんかったけど、生きて帰ってこれた!

ま、そんな危険を今日は犯したわけじゃないから「死」とかだすのは大げさやけどね!!

ジェイさんは先週きつすぎて山の中で倒れたらしい。。

でも今週もトレッキングにやってきた。

なぜきついのにまたやるのかなって考えたときに、さまざまな理由あると思うけど

人は刺激を受けたくて行っているのだと最近感じる。

それは、達成感であったり、生きているってことを実感したり、楽しさであったり、挑戦であったり。。

人は何かを求め生きてる。やり方は様々。十人十色。

スポーツはそれを実感するには最高の方法であると思う。

トレッキングほんとに疲れたけど、おれはまた行きたい!楽しいから。

楽しさ。これがスポーツを広めるための第一歩。













スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。