スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アロースター

書きかけの日記が・・・

もう、6月。。もう、こっちに来て1年やなぁ!!

ここ2週間(5月18~29日)は、アロースターというマレーシア半島の左上。上がすぐタイのとこにきて活動をしました。

今回はマレーシアにいる体育隊員3人(自分、川野、小須田)で一緒に活動(水泳が主)をした!

本来の予定では盲学校の生徒に水泳を教えるってことだったが、ドタキャン!!

マレーシアですからね。。

で、急きょ隊員のオフィスがある養護学校(聴覚障がい児)を中心に活動をすることとなった。

そんで、流れとしては・・・まぁ急に活動が決まるなどもあり、臨機応変に1日3回プールに行った日もあった笑

聴覚障がいをもったこと触れる機会は初めてで、手話を駆使して一生懸命に伝えてくれていることがうれしかった!!そのぶん手話ができない悔しさがあふれたが・・・

耳が聞こえなくても自分が伝えたいことを身体を使って表現するめっちゃすげーって思った。今まで関わったことなかったからほんとにそう感じた。

しかし、学校卒業後は田舎に帰らざるおえない(職とかない)子が多いということ。。

彼らのもっぱらの遊びは逆立ち!!!
みんながうまいのだからいやぁ~びっくり!

DSC04649 4
逆立ちがうまいやつら

2週間の間にオリジナル技を披露してくれた子も^^

あとは放課後、アスラマ(寮)にすんでることサッカーなどなど
めっちゃ楽しかったぁ!!!
すべて自分もプレーしたので写真がないのが残念・・・><

ここのほかにも、特別学級の生徒ともプールで遊んだりした。

全体的には、初めての経験が多かったためいい刺激になった。いい教師も何人かいた。

ただ、特別学級をみたのだがいいPDKよりも質が低いことにショックだった。(たたいたり、子ども放置、教師が授業時間が守れない、授業始って何するか考えるなどなど)こどものためにって考えでやってほしいな。。じゃないと教師自身が楽しくない→子どもにあたるってなかんじに見えてしょうがない。

水泳を自分がしていたもののどういう過程を踏んで水を怖がらなくなり、水に頭をつけられるようになり、泳げるようになったかは記憶にない。

なので、今回ともちゃんの指導方法、遊び方みてすごい勉強になった!!

今、PDKでも小さい子をプールに連れて行こうって話あるから事前に経験できて本当によかった!!

ってな感じで、この2週間は子どもたちと遊んだぁ~って感じかなぁ!

写真アップするけど、活動中はほんととることより遊びに懸命なのでこの2週間の間の土日にいったアロースターでの写真です。。

ココナッツが無料で飲める
DSCF7545 5

ランカウイ島でガンジーと出会う
DSC04640 3

帰国した佳苗の最後のおちょおちょダンス(フィリピンではやってるらしい)
DSC04609 2

ラクサ、魚のスープ、おれはサラワクのラクサが100倍うまいと思う
DSC04584 1

活動終了後、ペナン島に行き少し観光して翌日クチンに戻りました。

1つ1つの積み重ねと少しずつ思った事を伝えて、かかわりのある人が楽しく(自分でやりたいことを選べる)ように、いろんなこと経験し経験させて行けたらなぁ








スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。