スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福祉分科会

今月の前半にKLで福祉分科会が行われた。

普段はプレゼン形式で活動報告や個々の悩みの相談など中心だが、今回は隊員がいる施設でスポーツイベントをすることになった。

種目はシッティングバレーボールとボッチャである。

感想からのべるが、楽しくおこなえて、障害に応じた工夫がされるとだれもが参加できるものになる、誰もが楽しめるのがスポーツであるという事を再認識した。

そこの施設では主に身体障がいをもった人が職業訓練を行う場所である。施設はかなり立派・・・。

普段から自主的に運動をしている人はもちろんいる。が、してない人のほうが多い。

なぜしないのか??

そこでの生活に満足している。機会がない。好きじゃない。下手。知らなかった。

などそのほかにも多くの原因があるだろうが、機会をあえて提供するってことは非常に大切なことだと思う。

なにごともそうだが、経験して初めてわかることが大半で、見て知っていてもそれは知っているだけで、実際のこととはかけ離れている。

だから、体験することが大切なのだ。

任地で、最近マンネリ化したって書いたけど、もっと今ある運動の活動を良くしていくためにはって考えると、マンネリ化したなんて言ってる暇はなく、もっと準備の段階から行わなければいけないっておもった。

足しげく通っているとこ、そうでないとこと差がはっきりしてしまっているが数多く行くのであればもっと踏み込んでやっていこうって思う。

今月は6日間しか任地にいない。明日から、他の体育隊員のとこで水泳指導に2週間いってきます。

自分とは違う方法での指導が見られると思うから、期待していきます!!

写真は気が乗った時にのせます。

スポーツやっててよかったな^^
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。