スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シュート

みんな「シュート」っていうサッカー組織知ってる?

かの有名な木村和司 氏が立ちあげたのです。
サッカーやらん人は知らんかな?

それが今、マレーシアにもシンガポールにもあります。

そして、先日のシンガポールでの大会時に仲良くさせていただいた方の中に、このシュートのコーチがいました。

そんで、前KLにいったとき、そこでトレーニングに参加してもらいました。

印象、日本人コーチは1人、他はローカルが1人というだけでプレーヤーは計100人とすこしらしい。1日の人数はそこまでないにしても結構大変そうだった。

海外でこういった日本のサッカーを伝えているっていうのはかなり興味をひかれるものだ。(ま、日本人の子が多いらしいが)
シンガポールでもアルビレックス新潟の2軍?なんていうのかな? がシンガポールリーグで試合をしているし、このアジアでは日本のサッカークラブチームなど立ち上げるのもおもしろいかもしれない。

レベルはハッキリ言ってマレーシア低いので(おれがフィールドでもできるくらいなのでw)だれか挑戦してみてはいかが?





スポンサーサイト

10月前半

日々の細かな変化を感じ取れないせいかなかなか書くネタがなくさぼりがちです。

今月の初めの週の日曜日に駅伝に参加してきました。
1チーム5人、各3キロ。

おれはアンカーを担当しました。

5つのカテゴリー、男女混合、男大人、女大人、男子ども、女こども。

my teamは男女混合。男3人女2人でした。

事前に各自での練習を積んできての参加で、結構本気だった?!きがしたなぁ。

もう、追い込んだ走りではなく、楽しくはしりたいおれは複雑でしたが・・・
もともと遅いのでww

当日、開始時間午前8時。

出発5時半。真っ暗です。
車で移動ご、駐車したところから会場まで3キロ以上あり時間が押していたのでみんなアップがてらに走って移動。←すでに3キロはしったw

そんでもって、日本人の方が多く参加していたので同じアンカーの方たちを見つけたので(日本人学校の教員)ついていくことに・・・

するとコースが変わっていてあたふた。もう1区はスタートしてた。

内心ひやひやで、あたふたしてた。最終的にはぎりぎりで救急車に乗せてもらい移動(助かったぁ、しかも救急車初めて)

なんとコースが変わったのは40分前で、多くの人がその場所を把握していなかった。ナイスマレーシア。
男女混合は104チームが参加。
まつこと、30分くらい。思ってたい以上にはやく自分のチームがきた。

アップしてないw でも仕方ない。3キロスタート

下り坂、上り坂、最後のロングストレートって感じで、3キロは終了。

結果104チーム中19位☆

なかなかの好成績だとおもう。

上位チームは明らかに走り方違った。陸上部だね。

走ってるとき50mくらい前にいるほかのチームの走者(女)がいて抜くぞぉと思ってた・・・
結果距離ちぢまらず。。

駅伝は小学生以来だけど一人で走るより難しい競技だなって感じた。

しかも、仲間ががんばってんのは見えないところ、こういうのはサッカーとか他の競技ではないことやからおもしろかったな。より信頼セないかんってかんじ。

カメラを持って行けなかったので写真なし。。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。